2018.03.11 Sunday 06:49

震災から7年・・・

  • Author : crouton - クルトン -
  • 0




    • Webショップ「crouton」は
      ↑コチラからどうぞ。



    • Instagram







    • Google Play で手に入れよう

    あの恐怖から丸7年。

     

    長女は小学6年、次女は3歳。

     

    午前中は次女とキッズ体操教室に行き疲れて2人で昼寝をしておりました。

     

    私が起きてトイレへ。

     

    何故か次女の泣き声が聞こえます。

     

    慌てて出ると物凄い揺れが・・・

     

    急にテレビ、エアコンは切れ何が何だかわからず・・・

     

    揺れが何度も来てどうしたら良いかもわからず次女とトイレに隠れました。

     

    しかしトイレのドアは開いてしまい、次女は恐怖のあまり泣きじゃくり。

     

    電話を主人にしても繋がらず、災害用伝言板を初めて使いました。

     

    揺れが続く中、何故か雪がサーっと降って来ました。(何か物語っている様な雪でした)

     

    長女を小学校に向かえに行かなければなりませんが、マンションのエレベーターは止まり

     

    次女をおんぶして外に出ようとしましたが、揺れは頻繁に続きおんぶ紐が見つからず本当に慌てました。

     

    段々薄暗くなってきた17時頃主人が帰ってきました。

     

    小学校に直ぐ長女を迎えに行ってもらいました。

     

    卒業式の練習をしていた長女が主人の顔を見た途端泣き出したそうです。

     

    私は、家にあるありったけのロウソクや懐中電灯をテーブルに置きました。

     

    非常食や水も買ってありましたので全部出しました。

     

    コンビニが閉まったのにはビックリしました。

     

    それからガスの復旧まで1ヶ月かかりましたが、水道、電気は早めに復旧しました。

     

    電気が付いたのでテレビを付けて唖然。

     

    今まで見た事がない映像が映っておりました。

     

    言葉がでませんでした。

     

    この日から、人生が変わってしまった方々が沢山いらっしゃいます。

     

    自然現象は本当に怖いと思い知らされました。

     

    3歳の次女は今年で10歳。

     

    最近は聞きませんが、「緊急地震速報」の音がテレビを観ていて鳴ると

     

    覚えているのか、顔が真っ青に鳴り過呼吸みたくなります。

     

    まだまだ解決していない問題が沢山あります。

     

    絶対忘れられない「3.11」。

     

    被害に遭われた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    <<new | 1 / 4pages | old>>
     
    CALENDAR
    NEW ENTRY
    ARCHIVES
    CATEGORY
    PROFILE
    MOBILE
    SEARCH
    OTHER

    (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.